借金返済

間違っても借金は踏み倒さない

借金の返済ができなくなって夜逃げする。
ドラマなどでよく見るシチュエーションかもしれませんが、現実にもこのように借金から逃れようとする方は少なからずいます。

 

夜逃げまではしなくても、督促を無視し続けて借金を踏み倒すという行動に出る方もいます。
では、実際に借金を踏み倒すことは可能なのでしょうか?

 

借金には時効がある

踏み倒すとは、借金の時効が来るまで待つ、つまり一切支払いをせずに放置することです。
時効までの期間は債務のタイプにより違いますが、金融業者の場合は5年となっています。

 

しかし、この時効を成立させるにはさまざまな条件をクリアせねばならず、ただ5年間放置していれば良いわけではありません

 

簡単には行かない時効の成立

時効を成立させるためには、

 

  1. 時効期間が過ぎている
  2. その間は返済を一切しない
  3. 時効援用手続きを行なう

という3つの条件を満たさなくてはなりません。

 

しかも、時効期間はさまざまな方法で中断・振り出しに戻すことが可能であり、時効が成立する可能性は非常に低いでしょう。

 

時効は、業者から裁判を起こされる、いかなる形であれ催促を受ける、差し押さえされるなどのケースで中断されたり、振り出しに戻されたりします。
特に差し押さえで利用者の給料が抑えられた場合、借金の利用と返済できていないことが勤務先にバレてしまう恐れがあります。

 

これ以外にも、返すという返事をしてしまう、少額でも返済を行なうことで振り出しに戻ってしまいます。
そして、時効を完全に成立させるためには、時効の援用を行なう必要があります。

 

これは「もう時効なので払いません」ということを金融会社に伝えなくてはならないのです。

 

踏み倒すメリットはほとんどない

時効までの期間は5年かもしれませんが、中断・振り出しに戻されることで、さらに期間は長くなります。
つまり、いつ時効になるかも分からない状態を長期間耐えなくてはならないのです。

 

引っ越したとしても、住民票を調べられて新しい住所に督促が届きます。
ならば住民票を映さなければいいと考えるかもしれませんが、移さないことに伴う弊害のほうが大きい場合があり、借金とはまた違った意味で生活が大変になるでしょう。

 

また、当然のことながら個人信用情報にはブラック情報が記録され、新規借入やローンなどは組めなくなってしまいます。
はっきりいって借金の踏み倒しはデメリットしかない方法なのです。

 

時効を待つくらいなら専門家に相談する

時効を成立させようとするくらいなら、債務整理を行なったほうがストレスなく問題を解決できます。
弁護士や、司法書士に手続きの依頼をした時点で督促は止まり、手続き中は一切返済する必要がありません。

 

借金も今より減らすことができます。
自己破産をすれば高価な財産は没収されてしまうものの、借金をなくすことができます。

 

債務整理は生活を立て直すための法的な手段です。
借金で苦しんでいるなら、専門家に相談しに行きましょう。