借金返済

3件以内の借り入れはおまとめローンで1つに

借金が複数あると管理が大変です。

 

返済日や返済金額がバラバラで、どの会社にいくら払うのかがわからなくなりますし、別の会社へ返済したことで全ての返済を支払った気になり、意図せずに返済を延滞してしまったということにもなりかねません。

 

返済をしていく余裕があり、今よりも返済額を減らすと同時に管理を楽にしたいという方は、おまとめローンで借金を1つにまとめると良いでしょう。

 

おまとめローンで得られるメリット
返済日がひとつになるので管理が楽になる

おまとめローンを利用すれば、金利や返済日が統一されるため、管理が行ないやすくなります
返済プラン自体も非常にシンプルになり、元金が減っていく過程も把握しやすくなるため、返済のモチベーションを維持するのも容易になります。

 

利息を減らすことが可能

今よりも適応される金利が低くなる可能性が高く、それに伴い利息が減額されます。
返済金額が減るので、生活への負担が軽くなり、経済的に少し余裕が出るかもしれません。

 

しかし、その余裕から返済の失敗を起こさないように注意する必要があるでしょう。

 

総量規制対象外

おまとめローン自体が総量規制の対象外であるため、消費者金融の商品であっても年収の3分の1以上の借金をまとめることができます

 

おまとめローンのここに注意
審査が厳しい

おまとめローンは、審査が厳しいため簡単に利用できるものではありません。
審査に通るためには、返済履歴に傷がない、つまり返済の延滞をしていないことが重要です。

 

ブラック状態になっていると、借金をまとめることすらできません。

 

ブラック状態になると新規借入は絶望的

ブラック状態は返済の延滞だけでなく、債務整理や過払い金返還請求を行なうことでも情報が残ります。
特に過払い金返還請求は、払いすぎたお金を返してもらい、それを返済資金に充てようと考えている方が多くいます。

 

しかし、利用中に過払い金返還請求を行って完済ができない場合、債務整理を行なったと判断されてしまうためブラック状態になってしまいます
借金をまとめようにも審査に通らないという事態に陥るので、過払い金の請求はおまとめローン契約を結んだ後にするべきです。

 

利用期間が長引く可能性

借金をまとめると金額が大きくなるため、返済に時間がかかる可能性があります。
その場合、返済期間が伸びて逆に総返済額が増えてしまいます

 

返済に余計な時間がかからないよう、よく練られた返済プランを立てておく必要があります。

 

返済以外には利用できない

おまとめローンは、基本的に返済のみを目的としたローンなので、自由に利用できるわけではありません。
また、利用中は新規の借り入れは一切してはいけないため、これに違反すると契約を打ち切られる可能性があります。